ゲーム

Surface Go 2でSkyrimは動くのか

先日購入したSurface Go 2でSkyrimが動くのかどうかを検証したいと思います。

結論から言いますと、Skyrimは動作することが出来ました。
記事の中で、どのように動いたかを書いていきます。

なぜSkyrimなのか

ただただ、私がSkyrimが好きだからです。
Skyrimは2011年に発売されて、もうすぐ10年になるゲームですが、
今プレイしても面白いですし、そこまでスペックを要求しないので、検証するにはちょうど良いゲームだと思いました。

また、タブレット端末でプレイができるという事は、場所に依存せずプレイが出来るので、
いつでもどこでもSkyrimが楽しむ事が出来ます。

Skyrimの魅力については、下記のブログに記載しているので、良ければ読んで下さい。

Surface Go 2のスペック

Surface Go 2はもちろん、ゲーミングPCでは無いので、オンボードのグラフィックボードはついておりません。
また、モバイルに特化したPC(ほぼタブレット)なので、CPU等もそこまで優秀な物は積んでいません。
ただし、CPUの性能はそこそこ高いので、グラフィック性能を調整すれば動くのではないかと思います。

画面サイズ 10.5インチ
解像度 1920 × 1280(220ppi)
CPU Core m3 8100Y 1.1GHz
GPU Intel HDグラフィックス615
RAM 8GB
ストレージ 128GB SSD

Surface Go 2は大きく2つのモデルが存在しており、それぞれCPUの性能が異なります。
今回検証で利用したモデルのCPUはCore m3 8100Y 1.1GHzとなります。
別モデルのCPUはPentium Gold 4425Y 1.7GHzとなっており、性能はCore m3より劣るので、
今回の検証結果とはまた異なる結果になる可能性がありますので、ご注意下さい。

Skyrimのエディション

Skyrimについては、2つのエディションが存在しています。

Skyrim Legendary Edition 初期のバージョン。32bit版。通称LE
Skyrim Special Edition アップグレードバージョン。64bit版。通称SE

LE版、SE版の2つが存在しますが、大きく何が異なるかと言うと、LE版は発売当初のゲーム機やPCのスペックに合わせたバージョンで、グラフィック等は荒いが、スペックの低いPCでも動作します。

SE版はアップグレードバージョンとなっており、テクスチャの解像度やグラフィック表現も向上しており、その分、要求されるスペックも異なってきます。

例えば、LE版はPS3に合わせたスペックで、SE版はPS4に合わせたスペックと考えて頂ければと思います。

結果

LE版、SE版の両方で確認を行ったところ、SE版はカクカクで動きませんでしたが、
LE版は問題なく動作しました。

ただし、LE版でも動作環境のレベルは一番低いレベルにしてします。

設定画面

設定画面

フレームレートについては、45fps~60の間ぐらいで動作します。
解像度やグラフィック性能を調整した場合は、30fpsを下回る可能性はあるので、
一旦は上記の設定で動作させています。

ホワイトランのスナップショット

そこそこ大きい街のホワイトランでも問題なく動作しています。
ただ、やはりグラフィックの表現は抑えている為、テクスチャは荒くなっています。

MODも可能化どうか

Skyrimの魅力の一つであるMODも試しにインストールしていました。
特にゲーム機(PS4、Switch)ではMODはインストール出来ないので、PC版では試す価値があると思います。

結果としては、問題なく動作する事ができました。ただし、バグフィックスや設定変更、UI絡みのMODのインストールは問題無かったですが、グラフィック関連のMODはPCのスペックに顕著に影響が出るので結果としては無理と判断しました。

かなり美人に変更されています。

フォロワーの顔だけでも変えてみたいと思い、美人化MODを入れてみた所、問題無かったです。
やっぱりSkyrimの世界は綺麗な人と旅をしてみたいですもんね。

まとめ、感想

結果としては、Surface Go 2でSkyrimが動いて良かったです。
もちろん、ゲーミングPCのように綺麗な画面で動かす事は出来ませんが、
外出先や長期で出張とかがある場合にはSkyrimの世界に飛び込めると思います。

まー、一番の希望としてはSwitchバージョンのSkyrimでMODが動かせれば問題ないのですが、
さすがにそれは厳しいですもんね。

時間があれば、ペルソナ4GのPC版が発売されたので、そちらをチャレンジしてみたいと思います。

-ゲーム

© 2022 kazumeriの日々